Dockerで行こう!②Windows10+vagrant環境編

前回はDockerの紹介で終わってしまったので、いよいよ環境構築の話題に入ります。

せっかくですので、Windows10環境にvagrant環境を構築する方法にチャレンジしてみようかな?と思います。

MSの無償アップデートのおかげで、家のPC環境を先にWindows 10にアップデートした人って結構いると思いますので・・・。

手順はそんなに変わりませんので、不安な方はWindows 8.1やWindows 7のPCをご用意して下さい。

※2016年2/21更新 パッケージのアップデートに伴い、記事の内容を更新しました。

今回のレシピと構築範囲

私の検証環境の説明をしておきます。

PC・・・Macbook 2015(bootcamp)

OS・・・Windows10 Pro(製品版)

ハイパーバイザー・・・Virtual box 5.0 ※

環境構築ツール・・・vagrant※

※印のハイパーバイザーと環境構築ツールのインストールを今回は紹介していければと思います。

begin_vagrant01

とりあえず上の図の所まで構築できれば良いかと思います。

 

Virtual Boxのダウンロード

では早速Virtual Boxのインストールから始めたいと思います。

Virtual Boxのダウンロード

virtualbox01

 

 

2016年3月24日更新

 

virtualbox20160221

普通に最新版のWindows用をダウンロードして下さい。Windows10でも問題なく使えますので。

Virtual Boxをインストールする

では早速Virtaul Boxをインストールしてみましょう。

virtualbox02

Nextをクリックしてインストールを開始します。

 

virtualbox03

インストール先の変更、インストールするコンポーネントの変更が無いようなら、そのままNext

 

virtualbox04

特に変更の必要はないかと。

 

virtualbox05

新Macbookの場合、LANポートが無いので後で問題になりそうですが、USB-LANを後から刺しても問題なく認識できるのでそのまま次へ進めます。

 

virtualbox06

インストールを開始します。

 

virtualbox07

エラーが表示されなければ、そのままFinishします。

 

vagrantをインストールする

続いてvagrantをインストールしますので、早速こちらからダウンロードして下さい。

vagrantのダウンロード

 

vagrant02

Windows 64bit版をダウンロードします。

 

vagrant03

Nextをクリックしてインストールを開始します。

 

vagrant04

同意にチェックを入れて、Next

 

vagrant05

インストール先の変更が無ければNext

 

vagrant06

インストールを開始します。

 

vagrant07

特にエラーが無ければインストールは完了です。

 

vagrant08

OSを再起動しましょう

 

vagrant環境の初期設定

まず最初にvagrant用のフォルダを作成します。

今回はC:\Users\sakurai\Documentsの中にvagrantというフォルダを作成しました。

vagrant09

vagrantディレクトリにcdしておきます。

 

それでは早速vagrant環境の構築を進めます。

まずはvagrant用のVirtual boxファイルを入手して、Boxを作成します。

入手サイト:http://www.vagrantbox.es/ (←名前がまんまです)

ここに様々な環境のboxファイルのパスがありますので、好きな環境のboxを選びます。

確かドットインストールだとUbuntu 14.04 Trustyとかを使っていたと思うので、今回はCentOS7.0 minimalあたりを使ってみようと思います。

vagrant10

 

vagrant用boxの追加コマンド

>vagrant box add {title (boxの名前ね)}  {url}

 

vagrant11

今回の場合はbox名をcentos70-min としましたので、

>vagrant  box add centos70-min  https://github.com/tommy-muehle/puppet-vagrant-boxes/releases/download/1.1.0/centos-7.0-x86_64.box

となります。(475MBあるので、ソコソコ時間が掛かります)

 

Boxのダウンロードが終わったら、早速vagrant init コマンドで初期化してみましょう。先ほど作ったvagrant用ディレクトリ内で実行します。

>vagrant  init  Box名

vagrant12

今回は

>vagrant  init  centos70-min

を実行します。すると、ディレクトリ内にvagrantfileが生成されます。

vagrantfileの件は後回しにして、まずはCent OS 7.0を起動してみましょう。

>vagrant  up

あら不思議、Virtual Box内で仮想マシンが自動で作成されます。

vagrant14

これは便利!色々設定しないといけませんが、仮想OSを起動する所まではたどり着けました。

この仮想サーバーを停止する場合は、

>vagrant  halt

で停止できます。

次に起動する場合はvagrantfileがあるディレクトリまでcdしてから、vagrant upを実行します。

ディレクトリを移動するのを忘れがちなので注意してください。

早速vagrantを使ってみる

vagrant01

vagrant halt  で一度サーバーを停止します。

 

vagrant02

 

vagrantフォルダに作成されている、Vagrantfileをテキストエディターで開きます。

 

vagrant03

こちらの2行のコメントを外して、保存します。

これでIPアドレスを192.168.33.10に固定しました。

 

vagrant05

>vagrant up  でサーバーを起動します。

 

vagrant04

では早速、TeraTermで接続してみましょう。

※Windowsの場合はコマンドプロンプトからsshが使えないので、vagrant sshを使えるようにするのにCygwinかPuttyをインストールして設定する必要があります。vagrant sshが使えなかったところでTeraTermを使えば済む話なので、ここではインストールしないです。(と、言うかこの記事を書いてから半年以上経ちますが、今のところ不自由してません)

 

vagrant06

ユーザー名:vagrant パスワード:vagrant

rootのパスワード:vagrant です。

余談 ubuntuの場合のrootのパスワード

vagrant07

初期状態でrootは『パスワードなし状態』なので、sudo su -でrootになります。

パスワードを設定したい方はここからpasswordコマンドでパスワードを設定してください。

 

もうちょっと勉強したい人はこちら

 

ではでは。

 

ABOUTこの記事をかいた人

櫻井智行

ネットワーク・サーバー系のフリーのインフラエンジニア。得意分野はデータベース・ネットワーク・負荷分散あたりです。30歳の頃に独立しましたが、それまでに巻き込まれた様々なデスマーチと火消しの実績からトラブルシュート案件ばかりが依頼される様に・・・。 ビットクリア設立後は趣味の炎上・デスマーチ観察を軸にデスマーチソムリエとして小田原市・東京を中心にグローバルに活動中。