ESXi 5.1にvMAをインストールする。

最近、UPSがらみの仕事で出てきたので、手順を整理しておきます。

何ら難しい事は無いので、PowerChute等のUPSがらみの作業の時はサクッと

片付けたいところです。

 

 

※2014/8/29 割と人気のある記事だったので、旧ブログから転載しました。

 

まずはvMAをダウンロードしましょう

 

以下のVMWareのサイトからvMAをダウンロードします。

 

vSphere Management Assistant Documentation

 

Release Patch1 とかもあったりしますが、

中身が全部新しくなっているだけなので特に理由が無ければ最新版をダウンロードします。

ダウンロードしたら展開します。

 

vSphere ClientでESXiへ接続します。

 

zipから展開したOVFテンプレートをデプロイします。

デプロイが終わったら、vMA仮想マシンを起動します。

 

vMAの初期設定

 

ホスト名・IPアドレス等のネットワーク設定を最初に行います。

ネットワーク周りの設定はそれほど難しくないと思います。

 

 

実は1番面倒くさいのが設定が終わって、上の図の1で抜けた後にあります。

初期ユーザー:vi-adminのパスワード設定です。

パスワードのセキュリティ要件がメチャクチャ厳しいので、注意してください。

 

 

Old Password: <空白EnterでOK>

New Password:Qazx123!"#    ←これくらい複雑にしないとダメです。

 

 

 

ログインした後、root権限を使用したい場合は、下図の様にsudo –s を使用します。

(PowerChuteのインストールとか・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

vMAのインストールと初期設定はここまでです

ABOUTこの記事をかいた人

櫻井智行

ネットワーク・サーバー系のフリーのインフラエンジニア。得意分野はデータベース・ネットワーク・負荷分散あたりです。30歳の頃に独立しましたが、それまでに巻き込まれた様々なデスマーチと火消しの実績からトラブルシュート案件ばかりが依頼される様に・・・。 ビットクリア設立後は趣味の炎上・デスマーチ観察を軸にデスマーチソムリエとして小田原市・東京を中心にグローバルに活動中。