香港へ海外旅行する時の事前準備まとめ

20140110061642_14168

今後はちょいちょい海外旅行にも出て、見聞を広めておきたいと思います。

ちょうど良いタイミングで会社の海外旅行で香港とマカオへ行く機会がありますので、私の事前準備メモを紹介します。

そう言えば、香港とマカオが中国に返還される前に行ったので20年ぶりになりますかね?

 

準備するもの

と言っても、香港なので3つしかありません。

お金と電源と通信さえあれば、何とか生きていけます。

香港ですしねぇ。忘れたら現地で買えば良いんですよ(笑)

 

 

 ~その1~ 携帯電話&モバイル

今後はちょいちょいアジア方面へ出かける事も増えますので、海外滞在用にFreetelを購入しました。安い&フリーSIM&デュアルSIM対応に惹かれました。性能や使いやすさは?と言うと、所詮は13000円程度のシロモノなのでお察しです。(´・ω・)

Freetelを海外で使用する際の手順等はまた別途記事にしようと思います。

 

↓Freetel Priori2です。ヨドバシで買ったら予備バッテリーが1個ついてきました。

image

香港だけでなくマカオにも行く場合は、日本の空港でグローバルWi-fiを借りてしまうのもアリです。家族連れなどの複数人で行く場合はWi-fiルーターを借りて、通信回線をシェアしてしまった方が便利です。


 

 ~その2~ 電源アダプター

海外対応用マルチアダプターを買いましょう。去年にシリコンバレーに行った時は北米 110V/A型だったので、何も必要はありませんでした。今回は会社が手配(たぶんJTB?)するので、外国人用のホテルで100V/A型の電源は確保されると信じたいですが、違っていた場合は悲惨な事になるので自分でも用意しました。

 

【アジア主要国の電源】

主な国電圧コンセントの型
香港・シンガポール・マレーシア220VBF型
タイ・台湾・ベトナム110VA型(日本と同じ)
インド・ネパール・インドネシア220VC型

電機関係はほとんどの製品が100V~240V対応になっているはずですが、念のため確認しておきましょう。

 

http://www.travelerscafe.jpn.org/electricity.html

↓こちらもヨドバシカメラで\1,270でした。

image

 

 ~その3~ 両替手数料情報のチェック(お金)

これも大体パターンがあるんですが、

アメリカ(ドル)・イギリス(ポンド) ⇒ 日本の空港が安い

その他 の通貨⇒ 現地の方が安い

これが海外旅行の法則です。香港とて例外ではありません。

よって香港の空港で1万円だけ両替してから重慶大厦へダッシュするのです!空港からバスで行けます。初日にホテルへ強制連行された場合に備えて、楽天Visaデビットの口座を用意しておきます。またはマネパカードでも良いでしょう。

 

※株をやる人は楽天証券と併せて楽天Visaデビットの普通口座とセットで持っておくと非常に汎用性が高くて便利です。海外のATMでもお金を下ろせます。

 

まとめ

とりあえずはこれさえ押さえておけば、あとはどうにかなります。まぁ後のモノは現地で買えるので、それほど気にする必要は無いかと思います。我々の様な根なし草なネット民族は、新興国でもある程度の品揃えさえあれば電源・通信・お金の3つがあれば仕事も生活も出来てしまうんですよね。(逆に言うと、この3つが無けりゃどこの国でも何も出来ないんですが・・・)6月の第1週くらいに香港へ行きますので、この3点を重点的にレポしてきたいと思います。

 

買い物?ブランド品?

円安なんで日本で買いますよ(´・ω・)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

櫻井智行

ネットワーク・サーバー系のフリーのインフラエンジニア。得意分野はデータベース・ネットワーク・負荷分散あたりです。 30歳の頃に独立しましたが、それまでに巻き込まれた様々なデスマーチと火消しの実績からトラブルシュート案件ばかりが依頼される様に・・・。 ビットクリア設立後は趣味の炎上・デスマーチ観察を軸にデスマーチソムリエとして小田原市・東京を中心にグローバルに活動中。