香港ぼっち旅行 〜2日目 散策編〜

到着1日目は全員で合同食事会だったのでホテルの周辺しかウロウロ出来ませんでした。

2日目は終日自由行動なので朝から全力で香港の主要市街地をウロウロして来ました。

今回宿泊しているホテルは地下鉄 沙田駅から10分くらい歩いた所にあります。

image

後でわかった事ですが、実はこの沙田(サーティン)区は香港で最も人口の多い地域です。

駅には超巨大ショッピングモールが隣接していますので、正直言ってわざわざ尖沙咀(チムサーチョイ)まで行かなくても大抵のモノは入手出来ます。(別に尖沙咀も安いワケでも無いしね。。。)

香港のぼっち地下鉄事情

 まずは尖沙咀(チムサーチョイ)へ

初日の夜は酔っ払っていた事もあり、

タクシーで男のロマンを追求するピンポ・・・げふんげふん!

今日は自分の足(と言うか地下鉄)で尖沙咀(チムサーチョイ)へ向かいます。

IMG_20150607_092628

沙田(サーティン)駅の改札の風景ですが、何と言うか一昔前の大阪梅田の地下を彷彿させる佇まいです。

初めて香港の地下鉄に乗りましたが、知らない土地の地下鉄ってわかんないですよね?

日本でも行った事が無い地方都市の地下鉄は苦戦しますので、当然海外の香港では切符の買い方で苦戦しました。

香港の券売機は先に行き先の駅のボタンを押し、それから紙幣を入れます。

香港の市民は日本のSuica的なカードを使っていますので、券売機で切符を買う人って少ないんですよね。(私は目の前で白人さんが買うのを見て理解しました)

私もこれからは地下鉄の券売機で困っている外人さんを見つけたら、親切にしてあげようと思いました。

 香港の地下鉄に乗ってみる

今回は沙田(サーティン)駅から尖沙咀(チムサーチョイ)駅まで乗ってみます。値段は9HK$(160円くらい)なので、まぁこんなもんでしょう。

IMG_20150607_101140

まず気がついた点を挙げてみます。

1) 普通の通勤地下鉄でもグリーン車みたいな車両がある。(値段は運賃の8割くらい?)

2) 列車がやたら長い。(車両が多い。地下鉄東西線みたいです。)

3) 網棚が無い。(あるのは日本だけ?)

4) 空いた席にオバちゃんがすげぇ勢いで突っ込んでくる。

zaku

↑オバちゃんイメージ図(オバちゃんは世界共通?)

こんな感じですかね?実際乗ってみると、日本の地下鉄とあまり違いは感じませんでした。

たぶん休みの日に乗っているからなんでしょうね。

 

IMG_20150607_130558

通勤ラッシュの時間帯は・・・想像したくありません。

 尖東(チムトン)駅で途中下車

『駅の地下道も繋がっているし』って事で、尖東(チムトン)駅から尖沙咀(チムサーチョイ)駅まで歩いて散策する事にしました。

IMG_20150607_125349

新宿駅の地下を彷彿させる様な動く歩道です。
主にiSquare(国際広場)周辺をウィンドウショッピングして歩きましたが、正直に言います。
日本人にとってはまったく安くありません!(#゚Д゚)凸

これについては円安だし、しょーがないかな?とも思いますが、ほとんどのモノは新宿や梅田で普通に買えるモノばかりです。(もう香港はショッピング目当てで行く観光地では無いと思う)

IMG_20150607_170105

仕方が無いので、Fortress-豊澤-(日本で言うトコのヨドバシカメラとかヤマダ電器?)へ行って、Nokia Lumia 435だけ888HK$で買いました。これは新興国仕様(3G電波の国専用。4G-LTE非対応)なので、日本で販売されていないんですよね。これだけはAmazonとかで買うと日本の方が高くつきます。

まぁ、ヒマな時にWindows Phoneでも弄って遊ぼうかと思って買いました。

 

香港のぼっちメシ事情

ひとりでメシに行ったりもしましたので、その辺りの事も参考までに紹介しておきたいと思います。

 香港スタバと日本スタバの微妙な違い

IMG_20150607_192935

日本の人は結構立ち寄る事になると思いますが、主な繁華街やショッピンセンターにはだいたいスタバがあります。香港ってノマドとかモバイルワークが出来そうなカフェって、実は少ないんですよね。香港のスタバにはいくつかローカルルールもあります。

1)Wi-fiは1レシートあたり30分まで

例えば上の写真のレシートを見てもらうとわかるんですが、ドリンクを買った時のレシートにWi-fiのアクセスキーが書いてあります。このアクセスキーを使ってWi-fiに接続するんですが、最初に認証してから30分間だけ有効になります。(30分以上使うなって事?)

呑気にこの記事を書いてたら、保存する前に書きかけの原稿が消し飛んでしまって、

『アイヤー!(/>Д<)/~┻┻』

となりました。知らない間にWi-fiを切断されてますんで、気をつけてくださいね(笑)

 

2)店によってコーヒーの値段が微妙に違う。

本当に細かい話で申し訳ないのですが、空港のスタバで本日のアイスコーヒーTallが28HK$、iSquareの4Fだかのスタバで本日のアイスコーヒーTallが24HK$でした。ちなみに香港にはショートサイズはありません。Tallサイズからになります。ホント、どうでもいい話なんですがご参考までに。

 

 日本でお馴染みのあのラーメン屋もあるよ

沙田駅のショッピングモールのレストランフロアにありました。

IMG_20150607_141202

山頭火ですね。会社の近く(新宿)にもあるので珍しくも何とも無いのですが、激しく並んでました。

会社の近所のラーメン屋としか思っていない身としては、

『並んでまで食べるとか無いでしょ?(笑)』って感じなのですが、ご覧の通り激しく並んでます。

私も整理券を貰って並びましたが、緊急事態に遭遇します。

整理券 B-086を貰ったんですが、

『いくら大声で呼ばれても、カントン語で番号呼ばれたらワカリマセン・・・(´・ω・`)』

途中で気が付いて、必死にGoogleで『カントン語 数字 番号』とか検索しました。

さすが香港、ラーメンでもハードルが高いですね。

 

IMG_20150607_185858

何とかラーメンにありつく事が出来ました。塩チャーシュー麺です。

 

HAHAHA!もちろん、Google先生で『カントン語 塩 チャーシュー麺』は予習したネ ♫

『ピンインチャーシューメン』で通じソウネ!\(^o^)/

Hey Menu Please!でメニューを持って来て貰ったら・・・

 

 

・・・・・・

 

 

・・・・・・・・・

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

Why!! HongKong People !!!

おい!番号が振ってあるだけで、メニュー全部日本語じゃねーか!!

ホンコンジン二、ニホンゴデ『塩チャーシュー麺お願いします』トカイッタッテ、ツウジルワケネージャネーカ!!

ナンデ、ヒッシコイテ『This!This!No5!』トカイウノデスカ?

 

実は日本語版とカントン語版と英語版のメニューがあるんですかね?

あってもスタッフがついて行けないと思うけど・・・?

 

さすが世界都市香港、色々ワイルドだなと思いました。

ちなみに値段も108HK$(¥1800)くらいと超ワイルドな値段でした(/>Д<)/~┻┻

土地代と人件費が高いんですかね?

それにしても香港人は金持ちですね。私には色々とついて行けない部分が多々ありますが・・・。

 

記事も長くなってきたので、

香港ぼっち旅行〜マカオ編〜に続きます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

櫻井智行

ネットワーク・サーバー系のフリーのインフラエンジニア。得意分野はデータベース・ネットワーク・負荷分散あたりです。30歳の頃に独立しましたが、それまでに巻き込まれた様々なデスマーチと火消しの実績からトラブルシュート案件ばかりが依頼される様に・・・。 ビットクリア設立後は趣味の炎上・デスマーチ観察を軸にデスマーチソムリエとして小田原市・東京を中心にグローバルに活動中。