RHEL 6.7+Oracle 11gR2 RACのテスト環境を構築しよう。①事前準備編

ドーモ、読者=サン。さくらい(@sakutomo0615)です。

どういうワケか今年に入って、仕事でOracleを触る機会がやたらと増えてます。

ちょっと久しぶりにOracle RACを触る事になりそうなので、私の復習も兼ねて環境作りを必死にやってます。

今回はその手順メモになります。ちなみに今回Virutal Boxを入れているPCはWindows 10です。

  1. RHEL 6.7+Oracle 11gR2 RACのテスト環境を構築しよう。①事前準備編
  2. RHEL 6.7+Oracle 11gR2 RACのテスト環境を構築しよう。②OSインストール編
  3. RHEL 6.7+Oracle 11gR2 RACのテスト環境を構築しよう。③クラスタ用の設定
  4. RHEL 6.7+Oracle 11gR2 RACのテスト環境を構築しよう。④2号機側と共有ディスクの設定
  5. RHEL 6.7+Oracle 11gR2 RACのテスト環境を構築しよう。⑤Oracle Gridのインストール
  6. RHEL 6.7+Oracle 11gR2 RACのテスト環境を構築しよう。⑥Oracle Databaseのインストールと作成

 

最初に用意(ダウンロード)するもの

インストールするLinuxのディストリビューションはこちら(Oracle® Grid Infrastructureインストレーション・ガイド)を確認しましょう

2.Linux OS 今回はRedhat ES 6.7を使用します。(Redhat ダウンロード

※CentOSでもインストール出来ない事はないけど、サポート対象外になってしまうので、素直にRedhatやOracle Linuxあたりを使う方が無難かと。

3.Oracle Virtual Box 昔はVMware Serverを使って検証してましたけど、今ではこちらを使った方が良いでしょう。もうサポート打ち切っちゃってるし。

4.Oracle Database とOracle Grid(Oracleダウンロードサイト)※x86-64版をダウンロードするように。

取りあえず、事前にこの4つをダウンロードしておけば良いでしょう。(どれもサイズが大きいからね)

最初に決めておくべき事(基礎設計編)

wmn0120-001

まずは事前に決めておくべき事を決めておきましょう。

ネットワーク(IPアドレスとホスト名)

今回は2台構成のRACですので、サービスLANと内部LAN(インターコネクト)の2系統のネットワークアドレスが必要になります。

IPアドレスとホスト名は以下の通りとします。

ホスト名IPアドレス/サブネットマスク備考
rac11g1.localdomain192.168.0.11/255.255.255.01号機のサービス用IPとホスト名
rac11g2.localdomain192.168.0.12/255.255.255.02号機のサービス用IPとホスト名
rac11g1priv10.0.0.1/255.255.255.2481号機の内部通信用IPと ホスト名
rac11g2priv10.0.0.2/255.255.255.2482号機の内部通信用IPとホスト名
rac11gvip01.localdomain192.168.0.111 /255.255.255.01号機のサービス用仮想IPとホスト名
rac11gvip02.localdomain192.168.0.112 /255.255.255.02号機のサービス用仮想IPとホスト名
rac11gSCAN.localdomain 192.168.0.110/255.255.255.0SCAN用IPアドレス とホスト名

 

サイジング(CPU・メモリと各種Diskサイズ)

CPUは仮想CPUをそれぞれ2個ずつ、メモリサイズはそれぞれ2GB、Database用に10GBのDiskをふたつ割り当てます。

※今回はASMLibを使用します。

 

まぁ、あくまでも勉強用&検証用なので、これで十分でしょう。

Virtualboxホスト側の設定(NTP・名前解決など)

Oracle 11gのRACではDNSとNTPサーバーが必須と言う事にはなっていますが、実際は他の手段で代替が出来ます。NTPサーバーはインターネット上のNTPサーバーとそれぞれのDBサーバーが時刻同期出来ていればOKです。DNSはローカルhostsファイルを使用します。(SCANアドレスもひとつしか作らない予定なので)

map

今回の概要図

Oracle RACは構築を完了させるまでの手数がものすごく多いです。手数や設定数が多くなってくると当然ミスも出やすくなりますが、毎回見慣れないエラーに襲われて結局作り直しになるなんて事が良く起こります。検証環境で1回作っただけで、覚えた気にならずに何回か練習しておくと本番でものすごく役に立ちます。

 

Virtualboxと拡張機能パックのインストール

virtualboxのインストール方法はこちらの記事に記載してありますので、参考にして下さい。
Dockerで行こう!②Windows10+vagrant環境編

VirtualBoxの拡張機能パックのダウンロードとインストール

VirtualBoxをダウンロードしたサイト(Oracle Virtual Box)からVirtualBox Extension Packをダウンロードします。
virtualbox20160221-2

ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると、拡張機能パックのインストールが始まります。

 

vbextension_11

インストールをクリックして、開始します。

 

vbextension_12

License Agreement 一番下までスクロールすると同意できます。

 

vbextension_13

すぐにインストールが完了します。

VirtualBoxの拡張機能パックの確認

では早速拡張機能パックがインストールされたか見てみましょう。

vbextension_4

メニューバーのファイルから環境設定を開きます。

 

vbextension_15

ここに機能拡張が追加されていればOKです。

仮想マシンの作成

rhel67_1

ではVirtualBox上に仮想マシンを作成していきます。

 

rhel67_2

今回、OSはRHEL6.7を使用するので、タイプ:LinuxでバージョンはRedhat(64-bit)を選びます。

 

rhel67_3

メモリは2048MBにします。

 

rhel67_4

仮想ハードディスクは新規作成します。

 

rhel67_5

デフォルトのVDIでOKです。

 

rhel67_6

知らない間にログが肥大化していたりするので、可変サイズにしておきます。PCのDisk容量を喰われたくない方は『固定サイズ』でも構いません。

 

rhel67_7

これで仮想マシンの出来上がりです。(今回は30GBとしてますが、可変なのでもっと小さくしても大丈夫です)

 

rhel67_9

最後にシステムメニューからプロセッサータブを開いて、プロセッサ数を2に変更します。

 

これでOSインストールの準備が整いました。次回はRHEL6.7のインストールを行います。

※クラスタの共有ディスクの設定はOSのインストール後に行います。

ABOUTこの記事をかいた人

櫻井智行

ネットワーク・サーバー系のフリーのインフラエンジニア。得意分野はデータベース・ネットワーク・負荷分散あたりです。30歳の頃に独立しましたが、それまでに巻き込まれた様々なデスマーチと火消しの実績からトラブルシュート案件ばかりが依頼される様に・・・。 ビットクリア設立後は趣味の炎上・デスマーチ観察を軸にデスマーチソムリエとして小田原市・東京を中心にグローバルに活動中。