RHEL 6.7+Oracle 11gR2 RACのテスト環境を構築しよう。②OSインストール編

ドーモ、読者=サン。さくらい(@sakutomo0615)です。

Virtual BoxでOracle RAC環境を作る続きです。それではサクサクとインストールを進めて行きましょう。

今回は画面多めにRedHat EL6.7をインストールするだけなので、『もう知ってるよ!』って方は読み飛ばしてしまって結構です。

  1. RHEL 6.7+Oracle 11gR2 RACのテスト環境を構築しよう。①事前準備編
  2. RHEL 6.7+Oracle 11gR2 RACのテスト環境を構築しよう。②OSインストール編
  3. RHEL 6.7+Oracle 11gR2 RACのテスト環境を構築しよう。③クラスタ用の設定
  4. RHEL 6.7+Oracle 11gR2 RACのテスト環境を構築しよう。④2号機側と共有ディスクの設定
  5. RHEL 6.7+Oracle 11gR2 RACのテスト環境を構築しよう。⑤Oracle Gridのインストール
  6. RHEL 6.7+Oracle 11gR2 RACのテスト環境を構築しよう。⑥Oracle Databaseのインストールと作成

 

RHEL6.7のインストール準備

まずはダウンロードしておいた、RHEL6.7のISOイメージをマウントしましょう。

rhel67_10

作成した仮想マシンを右クリックして、設定を開いて『ストレージ』メニューを開きます。IDEコントローラーを選んで、図のCDボタンをクリックします。

 

rhel67_11

質問ウインドウが表示されたら、『ディスクを選択』をクリックします。

 

rhel67_12

事前にダウンロードしておいた、RHEL6.7のISOイメージファイルを選択して、OKをクリックします。

RHEL6.7のインストール

仮想マシンを起動するとインストールが始まります。

rhel67_14

そのままEnterでインストール開始

 

rhel67_15

CDメディアのチェック。SkipでOKです

 

rhel67_16
Nextをクリックして始めましょう。

 

rhel67_17

キーボード言語の選択です。当然、『Japanese』を選択してNext

 

rhel67_18

言語の選択。『日本語』を選択して次へ

 

rhel67_19

『基本ストレージデバイス』を選んで次へ

 

rhel67_20

作ったばかりなので、『破棄して構いません』を選択して、次へ

 

rhel67_21

ホスト名を入力します。今回は『rac11g1.localdomain』としました。(FQDNで入力。ドメイン名を付けておくのを忘れずに)

 

rhel67_22

そのまま次へ(システムクロックにUTCを使用する)

 

rhel67_23

rootユーザーのパスワードを設定して次へ

 

rhel67_24

『カスタムレイアウト』を選択して、次へ

 

rhel67_25
パーティションを自分で作りますので、『作成』をクリック

 

rhel67_26
『標準パーティション』を作成します。

 

rhel67_27

まずは『/boot』を『基本パーティション』で『固定容量の200MB』を割り当てます。

 

rhel67_28

次にswap領域を物理メモリと同じ2048MBで作成します。これも基本パーティションで。

 

rhel67_29

残りを全て/へ割り当てます。

 

rhel67_30

作成したパーティション設定を確認したら『次へ』をクリック

 

rhel67_31

フォーマットします。

 

rhel67_32

作成したパーティション情報をディスクに書き込みます。

 

rhel67_33

ブートローダーの設定。そのまま『次へ』をクリック

 

rhel67_34

あとでパッケージを追加するのを減らしたいので、『ソフトウェア開発ワークステーション』を選択して、『次へ』

 

 

rhel67_35

RHEL6.7のインストールが開始されます。

 

rhel67_36

しばらく待つと終了しますので、『再起動』します。

 

rhel67_37

再起動が終わったら、残りの設定を終わらせます。『進む』をクリック

 

rhel67_38

ライセンスに同意して、『進む』をクリックします。

 

rhel67_39
ソフトウェア更新の設定。ライセンスを購入していないので、『いいえ』を選択します。

 

rhel67_40

念を押されますが、『後で登録する』を選択します。

 

rhel67_41

『進む』をクリック

 

rhel67_42

ユーザーはOSインストール後にコマンドで行うので、作成せずに『進む』をクリックします。

 

rhel67_43

『はい』で問題ありません。

 

rhel67_44

Virtual BoxをインストールしたPCがネットに接続していれば、Redhatが提供するNTPサーバーが使えます。今回はそちらを使用しますので、『ネットワーク上で日付と時刻を同期します』にチェックを入れて『進む』をクリック

 

rhel67_45
今回はkdumpは無しで行きますので、チェックを外して終了をクリック
rhel67_46

これにてRHEL6.7のインストールは完了です。

RHEL6.7のインストール後の設定

インストール完了後、細かい設定が多数必要になります。まずは再起動後にrootでログインしましょう。

ファイアウォールの停止

rhel67_setting_01

rootでログインしたら、上部メニューから『システム』→『管理』→『ファイアウォール』を開きます。

 

rhel67_setting_02

無効をクリックします。

 

rhel67_setting_03

適用をクリックして、ファイアウォールを停止します。

 

rhel67_setting_04

『はい』をクリックします。

 

SELinuxの無効化

rhel67_setting_05

デスクトップ上で右クリックして、『端末の中に開く』を選びます。

 

rhel67_setting_06

#vi /etc/selinux/config でファイルを編集します。

 

rhel67_setting_07

赤枠の行を修正します。

#SELINUX=enforcing      ←コメントアウト

SELINUX=disabled  ←追記

 

rhel67_setting_08

保存をしたら、サーバーを一度シャットダウンします。

あとがき

l_018

毎回CentOSやらRedHatやらdebianとかインストールする度に思うんですが、SELINUXって要らなくないですかね?私の記憶ではここ5~6年は有効のまま構築した記憶がないんですよね。

ってか、インフラ系の構築エンジニアの皆さんも、これを最初に無効にするのがお作法みたいになってますよねぇ?何かこれがお作法みたいになったのって、SELINUXの出始めの頃にこれを有効化したままアプリやらミドルウェアやらをインストールして、実際に稼働させたらそのまま『わからんハメされてしまった』ってのが大多数だと思うんですよね。

結局SELINUXって、誰得なの?って強く思うんですよね。こういう流れになってしまうと、『必要だからSELINUXを有効にしたまま、ミドルを乗せてくれ』ってオーダーした瞬間に構築費用が値上がりするまでありそうじゃないですか。

客もエンジニアも幸せにならない気がするんですよね。どうなんでしょう?

 

次回はシャットダウンした仮想サーバーに内部通信用NICの追加と共有ディスクの追加などを行います。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

櫻井智行

ネットワーク・サーバー系のフリーのインフラエンジニア。得意分野はデータベース・ネットワーク・負荷分散あたりです。30歳の頃に独立しましたが、それまでに巻き込まれた様々なデスマーチと火消しの実績からトラブルシュート案件ばかりが依頼される様に・・・。 ビットクリア設立後は趣味の炎上・デスマーチ観察を軸にデスマーチソムリエとして小田原市・東京を中心にグローバルに活動中。