RHEL 6.7+Oracle 11gR2 RACのテスト環境を構築しよう。⑥Oracle Databaseのインストールと作成

ドーモ、読者=サン。さくらい(@sakutomo0615)です。

いよいよラストスパートです。このまま一気にDatabaseのインストールとDB作成も終わらせましょう。

環境構築に関するシリーズはこの記事でラストです。運用とか管理についてはまた改めてシリーズ記事にしようかと思います。(すぐに書くとは言ってないw)

  1. RHEL 6.7+Oracle 11gR2 RACのテスト環境を構築しよう。①事前準備編
  2. RHEL 6.7+Oracle 11gR2 RACのテスト環境を構築しよう。②OSインストール編
  3. RHEL 6.7+Oracle 11gR2 RACのテスト環境を構築しよう。③クラスタ用の設定
  4. RHEL 6.7+Oracle 11gR2 RACのテスト環境を構築しよう。④2号機側と共有ディスクの設定
  5. RHEL 6.7+Oracle 11gR2 RACのテスト環境を構築しよう。⑤Oracle Gridのインストール
  6. RHEL 6.7+Oracle 11gR2 RACのテスト環境を構築しよう。⑥Oracle Databaseのインストールと作成

 

Oracle Databaseのインストール

では早速インストールを開始します。

database01

▲デスクトップにoracleユーザーでログインしましょう。

 

database02

▲oracleユーザーの環境変数を追加しておきます。

 

database03

▲それではインストールしましょう。(圧縮ファイルを解凍する時はoracleユーザーで解凍する事!)

 

database04

▲『I wish to receive security updates via My Oracle Support』のチェックを外す。(Oracleサポートに入っていないので)

 

database05

▲メアドを登録しろと警告が出ますが、気にせずYes

 

database06

▲『Skip software updates』を選んでNext

 

database07

▲『Install database software only』を選択して、Next

※私が構築する場合は、いつもここでsoftware onlyを選択して、インストール後にPSR・PSUを適用してからDBCAを行う様にしてます。(色々流派があると思うけど)

 

database08

▲『Oracle Real Application Clusters database installation』を選択して、ノード1号機と2号機も選択します。

SSH Connectivity』をクリックして、ユーザー等価設定を行います。

 

database09

▲oracleユーザーのパスワードを入力して、『Setup』を実行

 

 

database10

▲Gridの時と同じように自動で設定が実行されます。

 

database11

▲設定出来たらOKをクリック

 

database12

▲日本語と英語を選択してNext

 

 

database13

▲『Standard Edition』を選択してNext

 

 

database14

▲環境変数で指定したパスが選択されているのを確認してNext

 

database15

▲ユーザーグループを確認してNext

 

database16

▲Gridをインストールした時と同じ理由でエラーや警告が出ます。(今回は無視して進めます)

 

database17

▲再度警告が出るのでYes

 

database18

▲インストールを開始します。

 

database19

▲結構時間がかかります。

 

database20

▲rootアカウントに切り替えて、指定のスクリプトを実行します。

 

database21

▲インストールが完了したらCloseでインストーラーを閉じます。

 

データベースの作成

※いつもだとここでPSRだったり、PSUを適用してからデータベース作成に移るんですが、今回は手頃なPSUがなかったので、このままDB作成に入ります。

dbca01

▲$dbcaを実行します。

 

dbca02

▲『Oracle Real Application Clusters(RAC)  database』を選択してNext

 

dbca03

▲『Create a database』を選択してNext

 

dbca04

▲今回は『General Purpose or Transaction Processing』を選びます。

 

dbca05

▲Configuration Type: Admin-Managed  (管理者管理)

Global Database Name:testcore

SID Prefix:testcore

『Select All』を選択して、1号機と2号機を選択します。

 

dbca06

▲『Configure Enterprise Manager』にチェックを入れましょう。

 

dbca07

▲『Automatic Maintenance Task(自動メンテナンスタスク)』タブを開いて、『Enable Automatic maintenance tasks』にチェックを入れておきます。

 

dbca08

▲パスワードを設定しましょう

 

dbca09

▲DBの作成先ディスクの指定です。ASM内の+DATAを指定します。

 

dbca10

▲ASMSNMPアカウントのパスワードを設定

 

dbca11

▲FRA(Flash Recovery Area)領域の指定。『Enable Archiving』でアーカイブログモードにしておきます。

 

dbca12

▲サンプルスキーマとカスタムスクリプトは不要なので、このままNext

 

dbca13

▲Memoryタブ:変更なし

 

 

dbca14

▲Sizingタブ:変更なし

 

dbca15

▲Database Character Sets:AL32UTF8

Default Language:Japanese

Default Territory:Japan

ここの変更は重要なので忘れずに。

 

dbca16

▲Connection Mode:変更なし Dedicated Server Mode(専有サーバーモード)

 

dbca17

▲各種データベースファイルの配置場所とサイズを確認します。希望と違う場合はBackで戻って修正します。

 

dbca18

▲REDOログファイルの配置場所とサイズを確認してNext

 

dbca19

▲Create Databaseにチェックがあるのを確認して、Finishします。

 

dbca20

▲ここまでの設定が一覧表示されます。OKをクリックするとデータベースの作成が始まります。

 

dbca21

▲さすがにPCのハードディスクだと作成に結構時間がかかります。まぁ、2台分のDB作成がブン回ってるのでしょうがないね。

 

dbca22

▲作成が終わるとこの様な画面が出てきます。

 

最後に接続してみよう

最後にsqlplusを使って、接続テストをしてみましょう。

sqlplus

これで現在どちらのサーバーのインスタンスに接続されているかがわかります。

これにてひとまず構築は完了です。

ABOUTこの記事をかいた人

櫻井智行

ネットワーク・サーバー系のフリーのインフラエンジニア。得意分野はデータベース・ネットワーク・負荷分散あたりです。30歳の頃に独立しましたが、それまでに巻き込まれた様々なデスマーチと火消しの実績からトラブルシュート案件ばかりが依頼される様に・・・。 ビットクリア設立後は趣味の炎上・デスマーチ観察を軸にデスマーチソムリエとして小田原市・東京を中心にグローバルに活動中。