【PageSpeed Insights対策】Simplicityテンプレートの高速化で実施した3つの対策

もともとこのブログって、まだ記事数も少ないのでPVなんか無いに等しいのですが、

アクセス数が少ないクセにGoogle Adsenseに【サイトの状況が●●○○○な評価】ってどうよ?と思っておりました。

score

WordPressを入れたばっかの頃は●●●●○の評価だったので、

さくらインターネットさんの『レンタルサーバー スタンダード(月額515円)』を愛用しているのですが、

サーバーの性能も安かろう悪かろうなのかな?(´・ω・`)と良からぬ疑念が頭をよぎります。

全然無関係ですが、何で540円じゃなくて515円なんですかね?

 

PageSpeed Insightsで測定してみよう

まずはこのサイトの性能をチェックしておきます。

サイトの状況をクリックするとPageSpeed Insightsで速度を測定することが出来ます。

spinsight

う、うーん・・・(´・ω・)

この結果を受けて、ある記事でWordPressのテーマ別スピード検証をやっていたのを思い出しました。

スピードレース!WordPress最速の無料テーマはこれだ【人気8テーマ比較】

 

で、我がSimplicityは?(*´∀*)と言うと・・・。

 

 

 

 

 

 

 

最下位・・・orz

ただ、他にもSimplicityを愛用しているサイトも結構ありますし、それらのサイトを見ても『遅い』と感じた事って無いんですよね。となるとやっぱり色々とチューニングを施す必要がありそうです。

と言うワケで、すぐに出来そうなチューニングをいくつか見つけて参りました。


 

 その1 コピペ1発で高速化 .htaccess

まずは本家のサイトに.htaccessでの高速化設定が紹介されています。

コピペ一発でSimplicityを結構高速化する方法

ブラウザキャッシュを有効して高速化を図りますので、早速.htaccessを編集します。

htaccess_def

↑チューニング前のどノーマル状態の.htaccess

 

htaccess_aft

↑本当にコピペ一発で.htaccessに追記します。

この更新した.htaccessファイルをFFFTPでサーバーへアップロードすれば設定は完了です。

 

 その2 画像最適化プラグイン EWWW Image Optimizer

次は画像の最適化です。【EWWW Image Optimizer】をインストールします。

最近は風景の写真はiPhoneで撮影して、そのまんまWordPressへアップロードしています。

その場で画像だけアップしておいて、記事は後から書いています。

当然、あとで画像ファイルのサイズを調整するのを忘れてしまっている事もありますので、

アップロードしている画像ファイルを全部一斉に最適化を行います。

optimize

150ファイルくらいでしたが、意外と最適化に時間がかかりました。

サーバーの処理能力の問題かも・・・(´・ω・)

 

 その3 HTML/CSS/JavaScript Autoptimize

だいぶお馴染みのプライグインですが、HTML/CSS/JavaScriptを圧縮&最適化してくれます。

スクリーンショット 2015-06-27 12.54.20

まぁ、寝ログさんの記事の設定を丸々実行しただけですが・・・。


3つのチューンナップの結果は?

それでは早速これら3つの対策を施した後の、PageSpeed Insightsの結果を見てみましょう

score_aft

おお〜!劇的な改善が見られました!

と言いたい所ですが、たまたまだったようです(´・ω・)

チューンナップ直後と数日後で効果を測定してみます。

 

3日後にAdsenseとPageSpeed Insightsのデータを再度取得して見た所、以下の通りでした。

スクリーンショット 2015-06-28 15.47.24

Adsense 1ポイント上昇♪(*´∀`*)

スクリーンショット 2015-06-28 15.50.47

PageSpeed Insightsを他の記事で試してみると・・・?なぁ~んか、地味w(´・ω・`)

ただ、全体的なスコアは上昇していますので、Simplicityテーマを使用する場合は上記の3つは最初にやっておかないとダメって結論で良いと思います。

実はXeoryも使ってみたいんだけど、移行するのが面倒くさいので、サーバを契約変更する時にやろうかな?って思ってます。

 

結論:

Simplicityをこれから使う人は、最初にこの設定をやっておきましょう!

 

ABOUTこの記事をかいた人

櫻井智行

ネットワーク・サーバー系のフリーのインフラエンジニア。得意分野はデータベース・ネットワーク・負荷分散あたりです。30歳の頃に独立しましたが、それまでに巻き込まれた様々なデスマーチと火消しの実績からトラブルシュート案件ばかりが依頼される様に・・・。 ビットクリア設立後は趣味の炎上・デスマーチ観察を軸にデスマーチソムリエとして小田原市・東京を中心にグローバルに活動中。