【買ってよかった】2016年度に来る!流行のB6手帳3候補

ドーモ、読者=サン、さくらい(@sakutomo0615)です。

まだちょっと気が早いのですが、先日Amazonから来年の手帳が届きました。

image

右が今使っているEDIT手帳、左が今回購入したジブン手帳です。

B6のEDIT手帳と比べて、結構薄手で小ぶりになっているのがわかると思います。

そうだ!手帳を買い換えよう!

いま私が使っている手帳がEDIT手帳なんですが、12月始まりの12月末終了と言うのもありますが、本当のきっかけはこちらの記事。

トラベラーズノート ブルーエディションを購入しました。これは良い!【画像レビュー】 | KOTOBAKO – コトバコ

こちらの記事でしむさん(@46sym)がお買い上げ記事の中で絶賛してるのを見て、私も『良し!手帳をリニューアルしよう!( ✧Д✧) カッ!!』と思ったワケでございます。

EDIT手帳は2014年はA5版を使い、2015年はB6版と2年間使いましたが、結構カバンの中でカサ張るのが難点です。(´・ω・`) もうそれほど細かいタスクに追い回される事もなくなるので、もっと手帳を小型化することに決めました。

最近は細かいタスク管理はJootoと言うWebサービスを使うことにしたので、あまりタスクを細々と手帳に書く事も無くなってきました。

 

買い替え候補に挙がった3手帳

EDIT手帳2016 B6版

image

現在私が使っている手帳です。カバーは既に持っているので中身を2016年用に買い替える事になりますが、メモ欄はそのまま残したいんですよね。

正直に言って、使っていて全く不満は無いのですが、強いて言うなら『パスワードとかメモを新しい手帳に引き継ぐのがメンドクサイ』です。

一体型の宿命なので諦めるしかないのですが、ここだけがやや不便かなぁと思います。(´・ω・`)

image

あとはそれほど細かく毎日タスクを書く事もなくなるので、ここまで厚くも大きくも無くて良いですね。

スケジュールの所を分けて書くために上の写真のように罫線を引いて使ってました。365日分のページがあるので、全部に罫線を引くのは結構メンドクサイんですよね。

ただし、1日での記入欄やウィークリー・マンスリーのページもあるので、週単位・月単位でのやる事はひと目で俯瞰できます。

 

トラベラーズノート

こちらの記事でもしむさん(@46sym)が大絶賛♪

おお、ゴウランガ!見るがいい!

確かにスタイリッシュでカッコ良いです。

トラベラーズノートのリフィルと装着方法。連結バンドの使い方 | KOTOBAKO – コトバコ

自分の好みに合わせて、色々なリフィルを組み合わせて使えます。この辺りは典型的なシステム手帳の機能そのままですね。(むしろその方がわかりやすいし、使いやすいと思う)

革張りの外観もシンプルでカッコ良いんですよね。(革製だと若干重いと感じるかな?)ただ、私の場合は色んなリフィルをチョイチョイ購入した挙句、結局はデブデブなピザ手帳にしてしまいそうな予感がするんですよね。それでもあれこれとカスタマイズできるのは凄くソソりますね。

 

コクヨ ジブン手帳

結局お買い上げしたのはこちら。(ブラックのシンプルなやつをチョイスしました)

 

他にもシンプルなカラーや、カラフルで可愛いタイプもあります。

それでは中身を見てみましょう♪3部作ではないんですが、LIFE・IDEA・2016の3に分かれています。この中でも毎年買い替える必要があるのは2016のみですね。必要なところだけ交換が効くのは便利です。

LIFEのパート

image

こちらの金融情報のページとパスワードのヒントリストは地味に便利です。(今後もオンラインバンキングとか、ネットサービスの利用頻度が増えていく傾向にありますので段々パスワードの維持管理が煩雑になっていくんですよね)

他には自分の人生目標とか、人生でやりたい100のリストとか、自分年表なんかがあります。

2016のパート

image

ウィークリーとマンスリーがありますが、左サイドと下の部分にタスクが書き込めるようになっている事と、深夜時間帯にも予定を書き込む事が出来ます。(そんなに深夜の予定なんか書く事も無いけど)

そして、2016のパートの中でも私が気に入ったのがこちら。

image

↑Money Plan 支出の計画と管理は超大事!(収入や売上はコントロール出来ませんが、支出は正確にコントロールしなければなりません)

image

↑Book List こちらは読んだ本・買った本を記入できます。書評記事を書くかどうかの判断にも使えそう。これも地味にうれしい。

IDEAのパート

アイデアは思いついたものとか、気づいた事とかをフリースタイルで記入すれば良いですね。

image

ちなみに私はアイデアはチラシの裏に鉛筆で書きます。その後で手帳に図とか表の形式で清書しますね。システムに関するアイデアはCacooというWebサービスを使うことも多いです。

まとめ

手帳選びって毎年毎年悩みますが、ステーショナリーショップで手帳をアレコレ選ぶのって実は楽しいんですよね。昔は大型でたくさん書き込めるタイプを選んでましたが、ここ数年は小型で持ち運びしやすいものを好んで使ってます。これはスマホやタブレットの登場の影響ですね。

ポイントは、『スマホアプリで管理する情報』と『手書きの手帳で管理する情報』を事前に仕分けしておく事なんですが、最近では様々なスマホアプリやWebサービスが登場しているので、私の手帳は年々小型化していくことになりそうですね。

 

1日あたりで書き込む事が多い人・・・EDIT手帳

 

色々なリフィルと組み合わせてカスタマイズをしたい人・・・トラベラーズノート

シンプルイズベスト・・・ジブン手帳

こんな棲み分けになりますかね?

ABOUTこの記事をかいた人

櫻井智行

ネットワーク・サーバー系のフリーのインフラエンジニア。得意分野はデータベース・ネットワーク・負荷分散あたりです。30歳の頃に独立しましたが、それまでに巻き込まれた様々なデスマーチと火消しの実績からトラブルシュート案件ばかりが依頼される様に・・・。 ビットクリア設立後は趣味の炎上・デスマーチ観察を軸にデスマーチソムリエとして小田原市・東京を中心にグローバルに活動中。